それから・・・

世界一周の冒険をしてきた旅の様子とそれからを猫いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

南米のスイス

≪日時≫ 2010年1月
≪場所≫ アルゼンチン、サン カルロス デ バリローチェ



前回のスリ被害を受け

南米怖いわーて凹んでいた俺

こんなことはもうないようにと気を引き締めなおし、旅は続いた



夜行バスに乗りチリの真ん中にある首都サンティアゴから南下

どっかの街でバスを乗り換え、アルゼンチンに入国した

バスから外の景色を見るとなんもねーけどすごい緑と山だこと

なんもないけどずっと見てられるんだよね

DSC02146.jpg

空も雲ひとつなし



アルゼンチンに入って何時間かして大きな町に着いた、ようだ

バスターミナルを降りるととなりに列車の駅もあった

DSC02147.jpg

駅のホーム



ホームに駅名のプレートが掲げてあった

どうやらこの街の名前は



サン カルロス デ バリローチェ



DSC02152.jpg

少し長い名前ですね



この街は南米のスイスと呼ばれるほどの自然と町が綺麗な場所らしい

歩いて町に向かってみた



町並みは綺麗に舗装されている

市庁舎はスイスを思わせる石レンガ造りの建物で雰囲気も出てるし

その前にある町の中心の広場では町の人たちが和んでいました

サッカーしてたりスケボーしてたり

町の景色を眺めてたり椅子に座って喋ってたり



DSC02149.jpg

綺麗な建物が並んでいます

DSC02148.jpg

広場



山が凸凹している地形なのか、坂道も多いよう

坂道をあがるのはしんどいけども高い場所から眺める景色は疲れも吹っ飛びました



バリローチェの周囲には湖が多く存在しているようです

町の背後には必ず青い湖が見えます

それがこの街のいい景色の特徴のひとつなんだね



DSC02151.jpg

坂道がうねうね~

DSC02155.jpg

坂を上がるとこの景色

DSC02156.jpg

町の背景には湖が



昼ごはんどうしようかと思っていると屋台発見

人気があるようでみなさん並んでます

様子を見てたら腹減りますよね

DSC02158.jpg

大人気の屋台



ここで俺も注文

選んだのは・・・



ハンバルゲッサ



ハンガーガーがスペイン語だとこういう呼び名なんだね

軽く暖められたパンにボリューム満点のアルゼンチン産の肉をにくにく入れてます

肉ウメェし!

DSC02163.jpg

ちょっと!はみ出てますよ
スポンサーサイト
[ 2011/08/29 00:55 ] アルゼンチン | TB(0) | CM(0)

聞き過ぎはよくない

≪日時≫ 2010年1月
≪場所≫ アルゼンチン、サン カルロス デ バリローチェ



バリローチェはチョコレートが有名のようです

街中にはよくチョコレート屋さんが並んでいました

スイーツ男子な俺的にはゴクリ・・・

食べたかったけどなんか一人でお店に入るの恥ずかしくて買えませんでしたw

DSC02192.jpg

かわいいチョコがずらり



湖の方へ向かうとみなさん日光浴をしているじゃないの

湖沿いは砂じゃなくて川にあるような角が取れて丸くなった石がゴロゴロ並んでいる

その上に座ったり寝ていたりして痛くないのかな?

でも天気もいいし、みんな気持ちよさそう



その湖沿いの近くの建物を発見すると中が騒がしかったので覗いてみた

こんな場所になんとアイススケートリンクがあるではないか

子供たちが楽しんで滑ってました

俺30分しかやったことないからパスっす

DSC02166.jpg

アイススケート中

DSC02167.jpg

海沿いで日光浴中



街中にはふるーい車もよくあるよくある

でもそんな雰囲気も街中にマッチしていていい画になるんですね

DSC02177.jpg

歴史を感じる可愛いくるま



さて、バスに乗って俺は近くの丘へ向かうことにした

バスの運転手にしきりに



「クアンド ジェゲモス ○○(←場所の名前)」







「○○に着いたら教えて」



と何度もお願いしてた

運転手も最初はスィスィ言っていたけど俺が何度も聞くんでだんだんイライラしてきたのか運転が荒っぽくなってたなw



どうやらその場所に着いたようで、無事運転手は俺を降ろしてくれましたw

そこからロープウェイに乗って丘の上に移動すると

DSC02178.jpg

ロープウェイ



そしたらなんて光景ですか

湖が点在していて、その周りには緑に覆われていて

町が見えるけどその向こうにはギザギザした山々が見えるじゃないの

DSC02179.jpg

パノラマ

DSC02180.jpg

湖たち

DSC02186.jpg

クロス

DSC02190.jpg

帰りのロープウェイから



経由地点ぐらいにしか考えておらず

そんな期待してなかった町だったけどよかったです



町の広場に戻ってみると・・・

セント・バーナード!!

スイスやねー

DSC02174.jpg

モフモフしたいー
[ 2011/08/30 01:44 ] アルゼンチン | TB(0) | CM(0)

氷河No.1でいいんじゃない?

≪日時≫ 2009年1月
≪場所≫ アルゼンチン、パタゴニア地方、エル・カラファテ



バリローチェをあとにしてバスに乗りアルゼンチン南部にあたるパタゴニア地方に向かうことにした

バスは途中で小休憩

その間になんとフロントガラスに網をつけ始めた

小石でも跳ねるんかな?

それとも落石が・・・

そんなことを思ったり思わなかったりで俺は写真を撮っていた

DSC02204.jpg

せっせと網をつけるドライバー

DSC02210.jpg

足が長かったので撮っておいた



バスは再出発

そして夜が明け、寝起きのダルさでバスの中から外の景色を見ていると

橋の上から見た湖の色が水色で目が覚めた

パタゴニアに入ったのかな・・・

DSC02211.jpg

なんっじゃ、この色!!



そして着いたのが「エル・カラファテ」という町

ここには日本人バックパッカーがよく集まる有名な宿「FUJI旅館」があるのだ

だが、行ってみると韓国人でいっぱい・・・

満室だったため、あきらめて違う宿を捜さなければならなかった



宿を見つけて一段落

この街に来た最大の理由がここを拠点に「ペリト・モレノ氷河」を見に行くためだ

どうやらツアーで行くようだと知り何件かツアー会社を周り、決める



ツアーではまずバスに乗り「ロス・グラシアレス国立公園」に向かった

そこからの~

これがペリト・モレノ氷河です!!


DSC02216.jpg

!!

DSC02217.jpg

!!!

DSC02220.jpg

!!!!



こんな巨大な氷の塊がちびっとずつ動いているんだからね

山とゆっくりぶつかっているのでたまにだけど氷に亀裂が入ったような音があたり一面に響く

そして時には氷が割れて湖の上に落ちる

見た感じだと小さな氷な塊だったのだが、水に落ちた時の衝撃音と迫力には自分も含め周りの人たちも驚きと興奮を隠せなかった

それでも自分が見たのは小さなもんらしい

大きな奴どんなんだよ・・・YOU TUBE見よ



DSC02226.jpg

そのまんま氷

DSC02224.jpg

崩れた氷が浮いている

DSC02240.jpg

氷の塊



動画



氷河を遠くから見た後は、実際に氷河の元まで向かいました

小舟に乗って湖の上を進む

氷河を間近に見に行けるのは楽しみなんだけど、この日の天候は雲で覆われているし、雨が時折降っていて寒かったー

パタゴニアの寒さはしんどいよ

DSC02241.jpg

空はどよーん
[ 2011/08/31 00:58 ] アルゼンチン | TB(0) | CM(0)

氷は天然に限る

≪日時≫ 2009年1月
≪場所≫ アルゼンチン、パタゴニア地方、ペリト・モレノ氷河



さみぃぃぃーーー

こんな氷の塊ができちゃっている環境の中、さらに天気が悪くて雨も降ってるし風も吹いてるしでブルブル・・・



それでも船で氷河の周りを迂回し

しばし歩いてスタート地点に着いた

DSC02256.jpg

スタート地点



氷を上を歩くのはとても滑るし危険なので、みなそれぞれ靴にアイザックと呼ばれるギザギザのついたものを着けた

つけるとなんかレベル上がった気分



用意ができたので氷河トレッキング開始

ツアー客が一列になって氷の上を歩きだした

DSC02261.jpg

アイザック装着完了

DSC02268.jpg

一列に並んでトレッキング開始



トレッキングコースはやはり多くの人が歩いているせいか、その場所を選んでいるせいか坂道はなだらかだし歩きやすかった

降ってきた雨が氷の坂道を流れ落ちてきて、たまに道を塞がれる

透き通った水の色をした小さな川がそこら中にできていた

DSC02266.jpg

上の方から綺麗な色した水が流れてくる



氷の形によっては滝もできちゃっている

滝つぼをよく見てみると深い青色をしていて綺麗なんだが、落ちたら死ぬな・・・

DSC02276.jpg



DSC02275.jpg

底が深い滝つぼ



氷の表面は薄い色をしているのだが、奥の方を覗きこむと神秘的な青さが隠れていた

濁りは一切ない

澄み切った青みを見た

DSC02284.jpg

奥を覗くと・・・



しばらく寒さに耐えながら歩いていたら休憩なのか、いったん歩くのをやめる



さみーよ

早く行こうよ



て思っていたらトレッキングのインストラクターさんが何か準備してる

なんだろ?て思っていたら

なんと

ウイスキーじゃありませんか!

用意されたコップ一杯のウイスキーの中に今歩いている足元の氷河をダイレクトにイン!



まさかの



ウイスキー・オン・ザ・氷河ロック!!



体は温まるし、これまた格別の味でした

DSC02298.jpg

お、なんか作ってる

DSC02301.jpg

ウイスキー・オン・ザ・氷河ロック



すんげー寒かったけど見た事ない青色見れたし氷河ウイスキー飲めたしよかったー

今回俺が参加した氷河トレッキングは初心者用で、「ビッグアイス」と呼ばれるもっと奥まで歩くツアーもあった

ホントはそれに参加したかったんだけど、この寒さの中は無理だったな、ふー

トレッキングの最後は同じツアーに参加していた日本人同士で写真撮影

DSC02303.jpg

寒かったけど・・・ぃぇぃ!
[ 2011/09/02 00:36 ] アルゼンチン | TB(0) | CM(0)

Garganta del Diablo

≪日時≫ 2008年2月
≪場所≫ アルゼンチン、国立公園



ちょっとブラジルから国境越えまして

アルゼンチン入国



そんでバスに乗って国立公園に行きました

公園内に入り、ビジターセンターみたいなのを通過して鉄道に乗り奥へ

画像 480

かわいい鉄道

画像 464

じっくりコトコトコトコト・・・



鉄道を降りてさらに緑に囲まれた道を歩きました

なんか軽い天気雨が降ってるな・・・

画像 465

緑に囲まれた道を進む

画像 470

ワニいるし



そんで看板発見



画像 479

看板



看板には Garganta del Diablo

ディアボロ(悪魔)って書いてある

なにそれー



怪しい気がするするする

そして看板を通過してしばらく歩くと幅が広い川が見えてきた



その川が・・・



画像 469


静かな流れからの・・・







画像 475

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴオゴゴゴ







うおおおおおおおおおおーーーーー!!







なんじゃこりゃ

なんつー滝だ

ここはイグアス国立公園という世界遺産に指定されている場所がある

その公園の中に≪悪魔の喉笛≫と呼ばれている

最大落差80メートルもある滝が存在するのだ



画像 476

水しぶきで周りが見えないです

画像 471

滝壺が見えないです



テンションあがって何度もありったけの力を込めて叫んだ



勝てるはずもなく



一応カッパは着てたけど、それでも濡れる濡れるwww

カメラを死守するのに苦労しました



画像 468

遠くから見える水しぶき



遠く離れていても

天に昇る雨のように水しぶきが舞ってるのが見えますが



ヤバイ・・・

自然すげえ

最高!!
[ 2011/11/19 16:45 ] アルゼンチン | TB(0) | CM(0)
ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
各バナーを一日一回ずつ
クリックお願いします☆
プロフィール

Takuto

Author:Takuto
2008年12月から2011年3月まで
世界一周一人旅をしていました

未知の刺激を求め、自らのレベルアップを求め、新たな出会いを求める旅
を、思い出しながらのブログ始めました
夏目漱石とは吾輩は関係ありません

【NO TRAVEL, NO MYSELF】


ぜひ登録お願いします!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
3049位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
415位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
アンケート


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。