それから・・・

世界一周の冒険をしてきた旅の様子とそれからを猫いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

色のない町

≪日時≫ 2009年1月
≪場所≫ ボリビア、ウユニ



バスに乗っている間、高山病にならないようになるべく動かず静かにし窓の外を見ていた

だけども俺の頭の中には高山病のトラウマが残っていた



心拍数が上がっている感じがする・・・

少し息苦しい気がしてきた・・・

熱が出てきたかもしれない・・・



て思っていたけど特にただの勘違いだったw

ウユニ着いたーーー!!



DSC02521.jpg

鉄道駅前



バスを降りて、とりあえずお腹が減ったので何か食べようと辺りを見渡す

可愛い水色のニット帽をかぶったおばちゃん発見

肉とポテトを焼いているだけのシンプルな料理

シンプルに美味い

けど今更ながら思うんですが、何の肉だったんだろうw

DSC02520.jpg

シャイだったおばちゃん

DSC02519.jpg

が焼いてくれた肉と芋



ウユニの町の第一印象

汚いw

というか、路面が舗装されていない部分が多いから道歩きにくいし

建物もそうだけど全体的に砂っぽい感じの色した町だった

DSC02524.jpg

道ガタガタ

DSC02525.jpg

お店が並ぶ

DSC02523.jpg

ジュース売り場



やべ、写真もうない

ウユニの町に着いてやったことと言えば

・宿にチェックイン

・ツアー会社に行き翌日のツアーを申し込む

ぐらいだもんね



まあツアーをすぐ申し込んだ理由としては時間がなくて急いでいるから

というのと、知っている人もいると思うけど1月は雨季なので雨降ってるでしょ(超大事)

というのと、ウユニ見るとこないから

て思っていたからだった



今回時間がなかったせいもあってか、正直甘かった・・・

よし、次回次回、うん

理由は後ほどの日記で



ちなみにボリビアに入国するにはイエローカードと呼ばれる黄熱病の予防接種の証明書の提示の必要の



のが多くて失礼



が、俺はチリでスリにあってイエローカード紛失していた・・・

もしバレたら入国できないだろうけど、なんとかなるだろうと思ってた・・・



なんとかなったw



というか「見せろ」なんて言われなかったからね、よかった



当時の情報ですが、「チリ→ボリビア間はイエローカード提示はない」とのことです

今はどうでしょう



まぁいいや

早くツアー行こう!

DSC02522.jpg

なんでしょね?
スポンサーサイト
[ 2011/09/15 23:43 ] ボリビア | TB(0) | CM(0)

A.EINSTEIN

≪日時≫ 2009年1月
≪場所≫ ボリビア、ウユニ郊外



俺が参加した「ウユニを出発してチリにそのまま抜けますツアー」

略して



「チリ抜けツアー」



まんまですが出発!!



このツアー最大の目玉の前にまず着いたのが・・・

なにこれ?

昔使っていた鉄道がレールと共に放置状態になってました

DSC02527.jpg

全体

DSC02528.jpg

近くに寄ってみる

DSC02529.jpg

鉄道の上を歩く



鉄道にはよくわからん方程式が描かれていました

誰か解いてください

てかなにこれ?

DSC02530.jpg

謎の式

DSC02532.jpg

登ってみた

DSC02536.jpg

何の部分だろう・・・

DSC02537.jpg

埋まってます

DSC02539.jpg

レールの先にはなにが・・・



昔はよく使われていだろう

鉄道自体錆びてはいたものの、全体的にしっかりと形が残っていた

周りが砂地の場所にポツーンとあるってのが雰囲気を出しててよかったんね

これからも多くの人に見てもらうのだろう

誰か早くあの方程式なんなのか書いといてw



ここを見終わったので次の場所へ向かった

車はなんもない場所を真っ直ぐ走る

DSC02541.jpg

曲がり角なんてないぐらい真っ直ぐに




ドライバー兼ガイドのボリビア人

俺が日本人だと知るとテンションがあがり



「コノ車、トヨタトヨタ、ジャパーーーン、ベリーグ~ッドカーね!」(*´ω`*)b ビシッ



て、エドはるみを思い出すくらい誉めてたよ、日本車を

俺も日本の事誉めてくれるのは嬉しいので

そうだろそうだろ!って頷いていたとたん、アクシデント発生ww



ただのパンクだと思っていたんだけど

なぜか直せないようで、急遽他の車を捜しにツアー客の俺たちを放っておいてどこかへ行ってしまった



日本車、おい(悲

ていうかガイド、おいw



大丈夫かよ

今後のツアーがどうなるのか不安がよぎりまくりでした

DSC02542.jpg

誉めてたとたん、故障しとるがな
[ 2011/09/16 22:11 ] ボリビア | TB(0) | CM(0)

ボリビア土産一覧

≪日時≫ 2009年1月
≪場所≫ ボリビア郊外



ツアー用の車がパンクしたようなので、修理するのを待つはめに

とりあえず着いた村っぽいところでお土産を見て待っていた

DSC02546.jpg

ニット帽

DSC02547.jpg

ポンチョやベスト

DSC02548.jpg

ペットボトルケースやポストカード

DSC02549.jpg

マフラー

DSC02550.jpg

バッグ

DSC02543.jpg

塩でできた陶器



編み物も得意なんだね

ボリビアの物価は安いし物は可愛いしで南米のお土産買う時にはよいんよ~

色使いも日本にはない感じだし、そういうの面白いよね



塩でできた建物の中に入ってみるとあるもの発見

また!?

誰だよ、教えた日本人w

DSC02545.jpg

またもやorz



村の様子を見るとなんでもかんでも塩で作られている

塀も塩でできてるけど、綺麗にならんでいる

けど塩の塊にできている赤い線はなんだろうね



DSC02554.jpg

塩の塀

DSC02555.jpg

近くで見ると



高い建物も塩でまかせんしゃい!!

くずれないんだろうか・・・

DSC02552.jpg

車以外は塩!



てか早く車新しいの持ってこい
[ 2011/09/17 22:36 ] ボリビア | TB(0) | CM(0)

世界には2つの色しかない場所がある

≪日時≫ 2009年1月
≪場所≫ ボリビア、ウユニ塩湖



世界旅行をしている人たちからよく耳にする

「行きたい場所ランキング」

の上位に出てくる場所のひとつとしてこの場所がある




ウユニ塩湖




世界最大の塩でできた湖である

みんなだいたいこの場所へ雨季の時期(だいたい12,1,2,3月ぐらい)に来る



雨じゃん

と思うんだけど、その雨が必要なのだ



雨が降ると、一面に塩湖の表面に水が溜まる

そして空の景色が水に鏡のように反射して360°すべてが空のような状態の景色が見られるのだ!!

さらに夜になると一面の星空が水に反射して360°すべてが宇宙のような状態の景色が見られるのだ!!!



そらー見たいよね

俺もそのために来たのだ

時期はばっちり雨季の1月

ウユニ塩湖に行けば360°空の景色がいつでも目の前に広が・・・





・・・・・




水が溜まってないーーーー!?


DSC02557.jpg

水が少ししか溜まってない



どうやら温暖化の影響か、年々雨が降りづらくなっている様子

後日の話だがどうやら3月まで雨が降るのを待っていた人たちもいるそうだ

完璧情報不足です

うーん、どうしても水鏡状態を見たい人はやっぱ雨情報の収集と根気よく雨を待つ気持ちが必要ですな



周りをよく見ると大量の塩が盛られていた

食用では売ってないのかね?

塩でできたホテルの前ではよくわからん台の上に掲げてある国旗が倒れそうだしw

水が溜まっていたので、塩を取り出してみた

塩は粗く、味は激塩辛い、というかそれを通り越して苦い

DSC02561.jpg

塩がもりもり

DSC02572.jpg

旗がくずれそうw

DSC02573.jpg

水を触ってみる

DSC02584.jpg





水鏡の状態が見られないのは残念だったが、まあない状態を今回楽しもうじゃないか

それでも圧巻の二色の世界になにも言葉は要りませんでした

DSC02567.jpg

水が溜まっていないVer.のウユニ塩湖



動画



この場所でみんな遠近法で面白おかしく写真を撮っている

俺もどうしようかと悩んでいたらガイドが「俺に任せろ」と言ってきた

キッコーマンを持っていたのでこれでなんとかしてくれと渡す

ガイドの指示にしたがって体を動かしてストップさせる

ガイド、写真を撮る

バッチリだと言われる

それがこの写真

DSC02564.jpg

微妙だろw



なもんで、一緒のツアー参加者のドイツ人カップルと一緒に違うので撮りなおした

DSC02565.jpg

ちっちゃくなっちゃった



もっといろんな面白い写真を撮りたかったんだけどねー

くやしいっ!

次回だな
[ 2011/09/19 02:13 ] ボリビア | TB(0) | CM(0)

塩宿

≪日時≫ 2009年1月
≪場所≫ ボリビア、ウユニ塩湖



塩湖の中に建てられた、ほぼ塩でつくられたホテルがある

「プラヤ・ブランカ」

中を覗くとなんか重々しい雰囲気だった

直接触れてはいなんだけど、なんか肌がヒリヒリしてるような感じ



DSC02571.jpg

塩の宿、プラヤ・ブランカ外観

DSC02576.jpg

中には訪れた人からのメッセージがあった



ほんとなんでも塩で作ってるんだなって見てわかる

塩はしっかりと固められていて、ハンマーとか使わないと壊せないくらい



DSC02575.jpg

塩机と塩椅子

DSC02577.jpg

塩壁

DSC02578.jpg

塩モニュメント

DSC02579.jpg

塩リビング

DSC02580.jpg

塩時計

DSC02581.jpg

塩ベッド

DSC02582.jpg

塩orz



す、住めます・・・



DSC02583.jpg

塩世界
[ 2011/09/19 23:27 ] ボリビア | TB(0) | CM(0)
ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
各バナーを一日一回ずつ
クリックお願いします☆
プロフィール

Takuto

Author:Takuto
2008年12月から2011年3月まで
世界一周一人旅をしていました

未知の刺激を求め、自らのレベルアップを求め、新たな出会いを求める旅
を、思い出しながらのブログ始めました
夏目漱石とは吾輩は関係ありません

【NO TRAVEL, NO MYSELF】


ぜひ登録お願いします!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
3277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
433位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
アンケート


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。